稼ぐのが難しくなったアフィリエイトは動画と絡める

アフィリエイトは初期投資が少ない副業ビジネスとして有効です。 副業から開始して本業の収入を超えて、本業に切り替えるという方も居るビジネスですが、動画全盛時代では旧来のアフィリは稼ぎにくくなったのは間違い無いです。 収益化されるまでが難しく、そこで挫折する方も多いのですが、まだまだやり方次第で稼げる副業と言えるでしょう。 ビックキーワードと言われるジャンルがあり、これは「脱毛」「育毛」「ニキビ」といったコンプレックスに付随するジャンルや、「FX」「クレジットカード」といったお金に関わるジャンルは、不特定大多数が検索されやすいものです。 このキーワードで上位表示されると大きな利益になる事は間違いないですが、もはや個人がここに食い込むのは極めて難しく、現在では企業が作ったものが上位表示される事が殆どになります。 ようするに競合相手が多いジャンルに最初から手を出すと、作ったサイトが見られる事も無く収益出来ない可能性が高いです。 ただし、こうしたビックキーワードもさらに細かい情報のサイトを作ると、見られる可能性もあり、例えば「育毛」というキーワードだけでなく、30代の「育毛ケア」という形で、30代のというような絞り込みを行い、それに合致した情報を提供する事です。 もちろんこれでは絞り込みが甘すぎて、まだまだ競合相手が多い為に、もっと細分化していくと、検索上位表示を狙える事もあります。 稼げないニッチなジャンルを選びすぎるのも問題ですが、競合相手が居ないキーワードを探して深掘り、細分化させて情報を作っていくと、後発参入者でも活路が見えてくるでしょう。 最初にアフィリエイトで稼ぐ上では、大きく稼げるキーワードに手を出したくなりますが、先行者利益に勝つのは余程の戦略やルール変更が必要になります。 さらに言えば現在は活字より動画によって情報を獲得する時代になっており、ほんの数年前ならキーワード入力すると、活字中心のブログが上位に来ていましたが、現在は動画サイトへのリンクが上位表示されるようになっています。 サイトで記事を書いていた内容を動画投稿サイトに張り付けて、アフィリエイトブログに誘導する等、動画も活用してアフィリエイトを行う方が、早く収益に繋がる可能性は高いです。 誰かが何かの問題を解決したくて検索を行い、その悩み解決する回答を提示して、それに繋がる商品やサービスにめぐり合わせる仲介役がアフィリエイトですから、検索されやすい動画を利用しない手は無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です