月別アーカイブ: 2020年8月

スマホせどりは安定的に稼げます

スマホは現代生活を送るためには欠かせない必需品ですね。
毎日の生活に密着している必需品なので、経年劣化などで買い替えがあるので需要は途絶えません。
それを上手に活用した、ネットビジネスを紹介します。
それはスマホせどりです。
現在日本のスマホ普及台数は、人口を凌ぐ1億5,000万台以上とも言われています。
スマホは毎日使用するものなので、使い続けているといつかは寿命が訪れますね。
ちなみに、スマホの耐用年数は5年程度と言われますが、単純に普及台数から耐用年数を割ると、年間3,000万台は買い替え需要があるのです。
生活に必要なものなので、さほど景気に影響されない点も良いかもしれません。
せどりの基本とは、やはりできるだけ安く仕入れることが基本かなと思っています。
それはやはり、格安SIMが台頭してきたのが理由にあるかもしれません。
なので、大手キャリアも格安SIMへ流出するのを防ぐために、機種代実質0円キャンペーンなどを実施しています。
そのキャンペーンこそ、せどりに向いているのです。
携帯電話は個人なら5回線まで開設できるので、その時に転売用の端末を購入します。
その時に大切なのは、機種選びですね。
やはり、i-Phoneは安定的な人気があるので、買い替え需要があります。
新機種が発売されると並んでいる光景を良く目にしていますよ。
それを携帯電話会社の0円キャンペーンの時に申んで、ある一定期間を過ぎたら解約し転売に出すとてもシンプルな仕組みです。
さらに、キャッシュバックの恩恵があるので、解約手数料を差し引いても手元にお金が残るではありませんか。
だが、最近は規制が厳しくなってきていますが、生活必需品なのがミソですね。
総務省で規制強化の動きが出でていますが、携帯電話各社も顧客の獲得に躍起になっています。
来年は消費税率が上がるので、その前に携帯キャリアを乗り換えたいユーザーも多く出てくると想定されますね。
そのついでに、古くなった機種を消費税率が上がる前に買い替えようとする動きも出てくるかもしれません。
MNPを利用した転売は、規制強化の関係で難しくなっていますが、そこは発想を変えて機種だけの売買に特化するのです。
特に人気機種は、常に需要があるので、値崩れしにくいのが最大の特徴です。
人気機種であれば多少型落ちしても、同じ機種を使い続けるユーザーは多いので狙い目ですよ。
また、在庫余りのリスクがほとんどない点もせどりに向いていると言えますよ。