せどりは誰にでもできます

色々なネットを活用した副業があるというのは間違いないですが、特別なスキルが必要であったりとか特殊な器具が必要であったり、ということがあります。
そんな副業ではなかなか始めることができないわけですがやり方次第では誰にでもできることがあります。
それがせどりです。
せどりとは、元々はどういう意味なのかと言いますと同業者間の中間に立って品物の取次ぎをしていきその手数料をとって生計を立てている商売、ということになります。
多くは古本を扱うことを指していたのですが今では掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐということを全般的にせどり、というようになっています。
もちろん現在も古本屋で仕入れをしてネットで高く転売するということをやっていることがあったりします。
確実と言っていいくらい高く売れる本というのがあったりするのでそれを安く掘り出し物として見つけてネットで売るということです。
そして、これを本に限定しない、ということが最近のせどりです。
例えば家電量販店のワゴンセールなどで安いものを見つけてネットで高く転売するとか、リサイクルショップで他で高く売れるものがあればそれを購入して、転売していくということもあるでしょう。
そこまで品物を限定する必要性はなくなってきています。但し、チケットなどは転売目的などで購入することは禁止されるようになりましたから取り扱わないようにしましょう。
とにかく安く仕入れるということがポイントになっています。そして、そのポイントと同じくらい確実と言っていいくらい処分できるものにした方が良いです。
処分とは捨てるということではなく、少なくても仕入れ値以上で販売することができるであろうと判断できるものにするということです。
せどりは仕入れがしっかりとできれば殆どの場合、誰でもできます。
仕入れて、アマゾンなりやフーオークションでもよいですし、最近ではメルカリでもさっくりと売りに出すことができるでしょう。
ですから、とてもやりやすい副業の一つではありますが、せどりで一番リスキーな部分としてあるのが在庫です。
無在庫のせどりもできなくはないのですが、転売をするためのサイト、ヤフオクとかでやろうとすることは規約で禁止されています。
手元にない商品の出品というのは駄目なところが多いです。
ですから、あくまでキチンと仕入れてから、ということでやるようにしましょう。それがせどりのお堂になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です